星空のムコウガワ

天体観測 写真 カメラ 花

Sh-2 126 鷹の爪星雲

新月期の11月6日土曜日に撮影しました。
この日はwindyの天気予報で夜半に曇る予報だったので、明るいうちに撮影地に入り、露出を稼ぐ予定でした。
望遠鏡などをセッティングできると薄雲がかかってきて、写真が滲んでしまったものはカットしました。

撮影対照はとかげ座の鷹の爪星雲です。ブログ仲間の星の旅人さんの作品に触発されて真似して撮影しました。

とかげ座は白鳥座、ペガサス座、ケフェウス座に囲まれた場所にあります。マイナーな星座で一般には知らない人も多いと思います(私も今回知りました💦)。4等星ほどの星で構成されていて空を見ても良くわかりませんでした(°▽°)


【Sh-2 126 鷹の爪星雲】
f:id:kaz323i362:20211118220449j:plain
2021. 11:06 18:20〜
Willam optics GT81 Ⅳ
フラットナーレデューサ Flat6AⅢ
0.8倍(合成FL 384mm F4.8)
赤道儀:EQ6R
PHD2オートガイド D50mm FL200mmガイドスコープ QHYCCD QHY-5-ⅡM
Canon EOS 6D (HKIR )
ISO1600 300秒x32(total 80分)
ダーク 300秒X8枚
LEDフラット ISO 100 SS 1/20s x 20枚
フラットダーク 20枚
APTでディザリング
フィルター無し
若干トリミング
ステライメージ9 Photoshop


構図をもう少し右に寄せれればよかった。そして、なかなか淡い星雲で画像処理に苦労して何回も最初からやり直してなんとか完成としました。


今回の撮影では色々失敗や不具合が出てしまい、流れてしたったカットを多数出してしまいました。


1.ガイドカメラから出ているコードを固定するのを忘れていました。

コードを適当にぶら下げていると流れたカットを量産してしまいます。ガイド鏡のドローチューブあたりの剛性が弱いため、赤道儀が動くとコードの垂れ具合が変化して写野が動くことで、撮影鏡筒の写野とズレが出てしまいガイド鏡筒でオートガイドを使っても撮影した写真は流れてしまいます。


2.Astro Photogrophy Tool (APT)のプレートソルブ(自動導入)がうまく動かない。

APTのプレートソルブ(Point Craft)は3つのソフトを使っていて、プログラムのある場所を正しく指定しなければならない。

ASTAP
C:¥Program Files¥astap
ダウンロードのサイトの下の方に、導入に使う試し撮りの画像は30個以上の星が写ってる必要があると書いてありました。

Plate Slve2
ダウンロードしたファイルを好きな所に置き、そこを指定。

All Sky Plate Solver(ASPS)
C:¥Program Files (x86)¥Plate Solver.exe

いえで試し撮り画像を使ってテストしてみましたが、まだプレートソルブが動く時とダメなときがあります。


3.電源にディープサイクルバッテリー105Ahを2年、2・30回充電の状況で満充電後しばらく置いて12.8V程ですが、赤道儀EQ6-R(最大消費電力4A)だけを繋いでモーターを動かしたとたん11Vちょいまで電圧低下してしまいます。止めても11Vちょいのままで電源を切ると12.8Vに戻ります、寿命なのかなぁ?バッテリー買い換えが必要でしょうか?

M31 アンドロメダ星雲

前記事のIC348撮影の後M31アンドロメダ星雲を撮影しましタ。月齢22.7の月がしし座の頭付近に出てきて空も明るなってしまいました。

月が25°程の高度になり空が明るくなってしまったので、月から離れている明るく対照を撮影しようと考えて、M31を選択しました。
ちなみに点に見える星は全て我々の銀河系の星々です。


アンドロメダ銀河の説明]
アンドロメダ星雲はアンドロメダ座にあり、 我々の住んでいる銀河系の隣りにある銀河です。距離は230万光年で光の速さで移動しても230万年かかります。昔のアニメ『銀河鉄道999』はアンドロメダ銀河の星まで行って機械の体を手に入れるための旅の話でした。

見た目の大きさは3°(角度)で満月の6個分の大きさで、暗いところでは肉眼で見えますが銀河の中心部がうっすら見える程度です。双眼鏡があると見えやすくなりますが、やはり中心部しか見えず写真のようには見えません。

写真の少し右上にある小さ目の小さい銀河はM110、アンドロメダ銀河の中心から下にある大きめの星に見えるようなものも小さな銀河M32で共に伴銀河と呼ばれます。


【M31 アンドロメダ星雲】
f:id:kaz323i362:20211115201000j:plain
2021. 10.29 25:33〜
Willam optics GT81 Ⅳ
フラットナーレデューサ Flat6AⅢ
0.8倍(合成FL 384mm F4.8)
赤道儀:EQ6R
PHD2オートガイド D50mm FL200mmガイドスコープ QHYCCD QHY-5-ⅡM
Canon EOS 6D (HKIR )
ISO1600 300秒x16(total 80分)
ダーク 300秒X4枚
LEDフラット ISO 100 SS 1/20s x 20枚
フラットダーク 20枚
APTでディザリング
フィルター無し
ステライメージ9 Photoshop


月の影響でカブリが結構ありましたが、フォトショップでカブリ補正したら大分良くなりました。

IC348と周辺のガス

今回の新月期初期の10月29日金曜日に撮影しました。
もうこの季節は18時には真っ暗になってしまいます。仕事が終わってから急いでいつもの撮影地に行き、21時ちょっと前から撮影開始になりました。
この日は月が23時頃に月が昇ってきましたがもう少し粘ってで約3時間の撮影です。


【I C 348周辺】
f:id:kaz323i362:20211109231204j:plain
2021. 10.29 20:20〜
Willam optics GT81 Ⅳ
フラットナーレデューサ Flat6AⅢ
0.8倍(合成FL 384mm F4.8)
赤道儀:EQ6R
PHD2オートガイド D50mm FL200mmガイドスコープ QHYCCD QHY-5-ⅡM
Canon EOS 6D (HKIR )
ISO1600 300秒x37(total 185分)
ダーク 300秒X4枚
LEDフラット ISO 100 SS 1/20s x 20枚
フラットダーク 20枚
APTでディザリング
フィルター無し
少しトリミング有り
ステライメージ9 Photoshop


IC348はペルセウス座の足元あたりに在り、すばるとカリフォルニア星雲の中間付近にあります。
写真の中央左の星がペルセウス座ζ星で写真の中央ちょっと左上の星団がIC348でペルセウス座のο星になります。IC348周辺は紫色やブルー、グレーの星間ガスが美しいく広がっています。とても淡く強力に強調処理しなければならず、2時間の露出ではノイズが多く全然足りないようです。

他の方の作例を見ると更に右側に星間ガスが広がっていて、そこも一緒に入るようにフレーミングしているのが多いようです。初めてのIC348の撮影だったので、今度撮影する時はそこも入るように撮影してみたいと思います。