星空のムコウガワ

天体観測 写真 カメラ 花 ピアノ

タイムラプスの練習2

 

 

 

 

再度X9iタイムラプス機能を練習してみました。設定は

12秒間隔、900枚、自動露出 毎フレーム更新

f:id:kaz323i362:20180521221825j:imagef:id:kaz323i362:20180521221831j:imagef:id:kaz323i362:20180521221842j:imagef:id:kaz323i362:20180521221929j:image

f:id:kaz323i362:20180521221959j:image

f:id:kaz323i362:20180521222251j:imagef:id:kaz323i362:20180521222304j:image

f:id:kaz323i362:20180521222604j:image

f:id:kaz323i362:20180521222612j:image

夕暮れから夜に5時頃から8時頃まで撮影してみました。もっと夕日の方が撮れればいいのですが、我が家からは見えない方向です。

 

X9iのタイムラプス機能は毎フレーム更新の自動露出か1枚目固定露出の選択しかできません。

自動露出はかんたんゾーンではシャッタースピード、絞り、ISOが自動で変化します。

マニュアルモードではシャッタースピード、絞り、ISOを設定できますがオートにできるのはISOだけでシャッタースピード、絞りは固定になるようです。マニュアルモードでの自動露出はISOで合わせています。

かんたんゾーンの方が明暗の広い範囲に対応できるのかもしれません。

 

タイムラプス機能のシャッタースピードは1/30-1/4000なので満天の星空はインターバルタイマーでの写真からタイムラプスを作成した方がいいと思います。

 

日中や夕方はタイムラプス機能の方がインターバルタイマーより簡単にできそうです。

夜景にタイムラプス機能を使えるかは、もう少し実験しなければなりません。